刺さない鍼とは、どんな鍼


刺さない鍼とは

一般に鍼治療というと刺す鍼を思い浮かべますが、当院では刺さない鍼も使います。この刺さない鍼について簡単に説明していきます。

 

実は昔からあります

刺さない鍼は、実は古くからあるものなのです。鍼灸の世界では一般的なもので「鍉針(ていしん)」という名前で呼ばれています。

鍉針は東洋医学の古い文献にも書かれており、鍼治療で使う九つの道具のうちの一つとされています。文献には鍉針の形やどのような使い方をするか書かれていますが、それほど詳しく記述されておらず、はっきりとしたことは伝えられていないようです。「皮膚(経絡)に当てて使う道具」ということは間違いないようです。

正しい使い方が伝えられていないためか、一部では鍉針はツボ押し棒のように捉えられているようですが、これは本来の姿ではないと思います。

実際にきちんと形が整えられた鍉針をツボに当てると、経絡(けいらく)を通して気の流れを感じることができます。

 

刺さない鍼は体の気を調整する道具です

刺さない鍼を手にすると、根元から先に向かって気の流れを感じることができます。

鍼先を経絡に当てると、経絡を気が流れていきます。経絡を通して内臓を調整することができるのです。

材質や形を整えて、私たちの体に必要な気(正気)に近いものにすることで、体の働きを良くする治療道具として使うことができるようになります。

 

刺さない鍼の治療

刺さない鍼で正気を補う

病や不調など、体の調子が良くない原因の一つとして、「体の正気の不足」があります。

正気とは東洋医学で古くから伝えられる気の一つで、私たちの体を動かすエネルギーです。

正気があることで私たちの体は正しく動いています。反対に正気が不足すると体の働きが悪くなり、様々な問題が引き起こされます。

刺さない鍼を使うと、この正気を体に補うことができます。適当なツボに当てて、そのツボを通して正気を送り込むのです。

十分な正気を補うことで、様々な不調を取り除くことができます。また病や不調を予防することもできます。

 

刺さない鍼は優しい治療道具

また、刺さない鍼は文字通り刺しません。

ツボに軽く触れさせるだけなので、体への負担がとても少なく、治療後のだるさや治療によって状態が悪くなることがほとんどありません。

一時的に出てくる症状はありますが(発熱、発汗、鼻水、咳、痰など)これらは体の状態が良くなったために出てくる反応なので特に問題はありません。

子供からご高齢の方まで安心して受けられる、優しい治療道具だと言えます。

 

まとめ

ここまで刺さない鍼について見てきました。

  • 刺さない鍼は古くからある治療道具
  • 刺さない鍼で正気を補い、体の働きを正しくする
  • 刺さない鍼の治療は優しく、誰でも安心して受けることができる

刺さない鍼というとあまり一般的ではありませんが、実は優れた特徴を持っています。体に負担がかかりがちな現代人にはおすすめの治療道具です。

Posted in ブログ.