症例

腰の痛み(60代女性)


症状

一種間ほど前から腰の左側に痛みがあり、体を前屈みにしても、後ろに反らしても痛むとのことでした。痛みの程度はそれほど強くなく、生活に支障をきたすほどではありません。この年齢になるまで腰に痛みが出ることがなかったので、気になるとのことでした。

 

診察と処置

第1〜2腰椎の左側に熱感がありました。膀胱の経絡と胃の経絡(経筋)のあたりに熱は広がっていました。脈を診ても、膀胱と胃には反応が見られました。
話を聞くと、ここ数日催し物の準備で立った姿勢が多かったとのことです。内臓の働きの低下とともに筋肉の疲労などもあり、腰まわりの経絡の流れが悪くなって、痛みが出てきたようです。

処置としては、腰まわりの筋肉のバランスを整えることと、膀胱や胃など内臓を働きを改善することを中心に行っていきました。

 

経過

一度の治療で症状はかなり軽減したようでした。一週間後に見させて頂いた時には痛みはほとんど無くなったとのことです。

症状もそれほど強くなかったですし、早く処置できたため、うまく調整できたものと思われます。

Posted in 背中・腰まわり.